現在の位置 : 公益財団法人 埼玉県埋蔵文化財調査事業団 > ただいま発掘中! > 富田庚申塚遺跡第7次 (寄居町)

富田庚申塚遺跡第7次 (寄居町)

読み方
とみたこうしんづかいせき
場所
大里郡寄居町大字富田626
調査期間
令和2年7月1日~令和2年11月30日
主な時代
古墳時代、奈良時代、平安時代

富田庚申塚遺跡は東武東上線男衾駅から南東1㎞の場所にあります。これまで6回の調査が行われ、古墳時代や奈良・平安時代の集落跡が発見されています。県道赤浜小川線バイパス建設事業に伴って令和2年7月から発掘調査を開始しました。

【令和2年8月作成しました】 ————————————————————————————————————


周囲は台地で、畑や宅地・山林になっていますが、重機で掘り下げていくと小さな谷が隠れていて、地下水が湧いてきます。


白い線は現代の攪乱、緑の線が平安時代の竪穴住居跡です。いよいよ遺構の調査が始まります。