現在の位置 : 公益財団法人 埼玉県埋蔵文化財調査事業団 > ただいま発掘中! > 本田遺跡第2次 (加須市)

本田遺跡第2次 (加須市)

読み方
ほんだいせき
場所
加須市大字外野字本田203-5
調査期間
令和2年4月1日~令和2年6月30日
主な時代
近世

本田遺跡は、加須市外野に所在する遺跡です。東武伊勢崎線加須駅から北に約8㎞地点にあります。遺跡は、北側に利根川が流れる自然堤防上に立地しています。国土交通省の首都圏氾濫区域堤防強化対策事業に伴って、令和2年6月まで発掘調査を実施しました。

【令和2年8月更新】 ————————————————————————————————————


水塚の上の礎石建物の基礎地業が姿をあらわしました。石屑や瓦片を敷いて突き固めた上に、大型の礫が組み合わされたり、積み上げられたりしています。頑丈な建物の重量に負けないために工夫されています。


6月に空中写真撮影と高所作業車撮影を行い、発掘作業が終了しました。水塚の発掘調査は全国的にもほとんど例がなく、地域の防災史を研究する上で貴重な事例となりました。