現在の位置 : Home > ただいま発掘中! > 北尾崎北遺跡第2次 (羽生市)

北尾崎北遺跡第2次 (羽生市)

読み方
きたおさききたいせき
場所
羽生市大字尾崎字北尾崎980-1他
調査期間
平成31年4月1日~令和2年3月31日
主な時代
平安時代、中世

北尾崎北遺跡は、羽生市役所から北に約2.7㎞、利根川の右岸に立地しています。利根川堤防強化対策事業に伴い、平成30年10月から発掘調査を行っています。

【令和元年7月更新】 ————————————————————————————————————

北尾崎北遺跡では、これまでに平安時代の竪穴住居跡が多数見つかりました。


この写真は住居に取り付けられたカマドです。住居の東側に造られていました。他には北側に造られた住居もありました。カマドの方向は、時期や当時の風向きなどが関係していると考えられます。


住居跡からは生活に使われた土器の破片が出土しました。使わなくなった住居のくぼみに捨てられたものだと考えられます。


中世の溝跡が見つかりました。中央の溝が埋ったのち、左側の溝が掘られていました。溝が長期間にわたって場所をずらしながら存在していたことが分かります。

【令和元年5月更新】 ————————————————————————————————————


中世の墓跡の中から石組(いしぐみ)が検出されました。石が敷き詰められた状態を図面に描いて記録しています。


中世の火葬跡です。火が当たっていた場所は赤く焼けていました。堆積した炭の中には骨のかけらが残っていました。


火葬した骨は、陶器製の甕などに納めて埋葬されていました。手前にある緑色の石は、板石塔婆(いたいしとうば)というお墓に設けられた供養塔の一部です。