現在の位置 : 公益財団法人 埼玉県埋蔵文化財調査事業団 > ただいま発掘中! > 八木上遺跡第7次 (狭山市)

八木上遺跡第7次 (狭山市)

読み方
ばちぎうえいせき
場所
狭山市大字笹井字八木上
調査期間
令和5年11月~令和6年3月
主な時代
縄文時代 古墳時代 奈良時代 平安時代 中世 近世

八木上遺跡は、縄文時代から近世にかけての集落遺跡です。
西武池袋線仏子駅の北北東約1.5kmにあります。
入間川左岸河岸段丘の最上位段丘面を含めた3段の段丘面に立地しています。
これまでの調査の結果、縄文時代の竪穴住居跡などが発見されています。

【令和6年1月更新】———————————————————————————–


平安時代の溝跡を調査しています。

【令和5年12月更新】———————————————————————————–


近世の畠跡を調査しています。