現在の位置 : 公益財団法人 埼玉県埋蔵文化財調査事業団 > ただいま発掘中! > 砂原遺跡第1次 (行田市)

砂原遺跡第1次 (行田市)

読み方
すなはらいせき
場所
行田市須賀字砂原4790他
調査期間
令和4年4月1日~令和4年9月30日
主な時代
平安時代

砂原遺跡は、利根大堰から東約1㎞、現在の利根川右岸に位置する遺跡です。
利根川堤防強化対策事業に伴い、4月から発掘調査を開始しました。

【令和4年9月更新】———————————————————————————–

 竪穴住居跡の調査
奈良時代の竪穴住居跡を掘り下げています。床の上から土師器などの遺物が出土しました。

 遺物出土状況
平安時代の竪穴住居跡から、内面をよく磨き黒く焼きあげた土器が出土しました。

 写真撮影のための清掃作業
カメラをポールスタンドに設置して上方から写真を撮影します。

【令和4年7月更新】———————————————————————————–

 遺構検出作業
白い線で囲った範囲が遺構です。
上面で遺構の形が分かりにくいときは、トレンチ(試掘坑)を掘って確認します。

 遺構調査
確認された遺構(竪穴住居跡)を発掘しています。
土の埋まったようすを観察する「ベルト」を残しながら、少しづつ掘り下げていきます。

【令和4年6月更新】———————————————————————————–

 遺構確認作業
ジョレンという道具を使って、表面を平らに薄く削っていきます。
土の違いを見極めながら遺構の有無を確認します。