現在の位置 : Home > 発掘成果のご紹介 > 富寿神寶

富寿神寶


資料写真

読み方 ふじゅしんぽう
時代 平安時代
大きさ 径2.5cm
遺跡名 中堀(なかぼり)
市町村 上里町

平安時代に我が国で作られた銅銭である。「富壽神寶」と呼ばれる。二枚が癒着した状態で出土した。818年に初めて作られた。当時銭の流通量は少なく、畿内近国で流通していたにすぎない。