現在の位置 : Home > 発掘成果のご紹介 > 輪花椀

輪花椀


資料写真

読み方 りんかわん
時代 平安時代
大きさ 高さ4.5cm
遺跡名 中堀(なかぼり)
市町村 上里町

口縁部に五つの輪花を施した緑釉陶器(りょくゆうとうき)の椀である。中堀遺跡からは豊富な緑釉陶器が出土しているが、復元できる個体は比較的少ない。そ の中でこの例は、完形に復元できた例である。緑釉はやや黒ずんだ発色であるが、9世紀後半の愛知県猿投窯跡群の製品であろう。