現在の位置 : Home > 発掘成果のご紹介 > 木簡

木簡


資料写真

読み方 もっかん
時代 奈良時代
大きさ 長さ15.8cm
遺跡名 小敷田(こしきだ)
市町村 行田市

97号土壙から出土した短冊形の木簡(3号木簡・裏)である。表面に「九月七日五百廿六□〔次カ〕四百」、裏面に「卅六次四百八束并千三百七十小稲二千五 十五束」と墨で書かれている。九月七日という日付に続いて、五百二十六、四百卅六、四百八という稲束量と、その合計千三百七十(束)が記されている。小稲 二千五十五束は合計数の1.5倍に相当する。古代の利息付き稲の貸借制度である「出挙(すいこ)」を示すものである。