現在の位置 : Home > 発掘成果のご紹介 > 深鉢

深鉢


資料写真

読み方 ふかばち
時代 縄文時代後期
大きさ 高さ58.0cm
遺跡名 宿北(しゅくきた)
市町村 上尾市

2号住居跡出土の後期初頭の加曽利(かそり)E式の深鉢である。住居跡は柄鏡形(えかがみがた)住居跡で、この深鉢は主体部から破片が面的に広がって出土 したものである。4単位のゆるやかな波状口縁から、丸みを持ってすぼまり胴中央付近で括れ、底部に至る器形である。胴部の文様は括れ部を境に沈線で上下2 段に分かれて施文されている。上段は内部に縄文が施されたJ字や楕円などの区画文が、下段には逆V字状沈線文が8単位施文されている。