現在の位置 : Home > 発掘成果のご紹介 > 屈葬人骨

屈葬人骨


資料写真

読み方 くっそうじんこつ 
時代 縄文時代早期
大きさ  
遺跡名 妙音寺洞穴(みょうおんじどうけつ)
市町村 皆野町

洞穴内の灰層で発見された。膝をかがめた形で葬るのは、縄文時代前半の一般的な埋葬法である。被葬者は、身長150cmほどの壮年男性で、側頭部には生前に受けた衝撃の跡が残る。現在のところ、埼玉県最古の古人骨である。