現在の位置 : Home > 発掘成果のご紹介 > ナイフ形石器

ナイフ形石器


資料写真

読み方  ないふがたせっき
時代  旧石器時代
大きさ  長さ4.5cm(下段右)
遺跡名  柿ノ木坂(かきのきざか)
市町村  和光市

ナイフ形石器は、素材を割った際の鋭利な部分を一部に残し、その他の辺を刃潰しした石器で、木などの柄の先に埋め込んで槍先として用いたり、鋭利な部分で 動物の皮や肉を切ったと考えられる道具である。切れ味がいいように黒曜石(こくようせき)などガラス質の石材を好んで作られている。