現在の位置 : Home > お出かけください > 遺跡見学会などのお知らせ > 平成25年度イベントスナップ > 東京・神奈川・埼玉埋蔵文化財関係財団普及連携事業(H25)

東京・神奈川・埼玉埋蔵文化財関係財団普及連携事業(H25)


縄文後晩期 ~ムラとまつりの景色~

この公開セミナーは、東京・神奈川・埼玉三都県の法人が普及連携事業の一環として平成20年度から開催しているもので、本年度で6回目となります。
今回は、縄文時代後・晩期に焦点を当て「ムラとまつりの景色」を探ってみました。基調報告では、近年の発掘成果をもとに敷石住居、環状盛土、貝塚などいろいろな遺構から人々の生活に迫り、記念講演では縄文時代後・晩期の時代像への新たな視点が示されました。
またロビーには、環状盛土遺構として話題の長竹遺跡(埼玉県加須市)の出土遺物を展示しました。会場は400名を超える参加者でほぼ満席状態となりました。途中で帰る方もほとんどなく、盛況のうちに幕を閉じました。


発 表(基調報告)
H25三都県連携セミナー
記念講演(阿部芳郎明大教授)
H25三都県連携セミナー
ミニシンポジウム
H25三都県連携セミナー
ロビー展示(長竹遺跡)