現在の位置 : Home > お出かけください > 遺跡見学会などのお知らせ > 平成24年度イベントスナップ > 東京・神奈川・埼玉埋蔵文化財関係財団普及連携事業(H24)

東京・神奈川・埼玉埋蔵文化財関係財団普及連携事業(H24)


考えよう!旧石器人のライフスタイル
 ~人とモノの移動から探る旧石器時代の生活~

 この公開セミナーは、東京・神奈川・埼玉三都県の普及連携事業の一環として平成20年度から開催されているもので、本年度で5回目となります。
 今回は、「考えよう! 旧石器人のライフスタイル」と題したセミナーを企画し、いろいろな視点から旧石器時代の人々の生活を探ってみました。
 土器が発明される縄文時代まで2万年以上続いた旧石器時代については、まだまだ資料も少なく、わからないこともたくさんありますが、今回 ”モノの移動” や ”人の移動” に焦点を当てることにより、当時の人々の生活の実態を垣間見ることができました。
 また、ロビーのポスターセッションでは相模原市内の最新の発掘成果が展示され、神奈川県内はもちろん、全国からたくさんの方にお越しいただきました。


発 表(事例報告)

特別講演(長崎潤一早大教授)

ミニミニ討論会

ポスターセッション