現在の位置 : Home > ただいま発掘中! > 芦苅場(第2・3次)・向原A(第4次)遺跡 (飯能市)

芦苅場(第2・3次)・向原A(第4次)遺跡 (飯能市)

読み方
あしかりば・むかいはらA遺跡
場所
飯能市芦苅場字久保12-1他
調査期間
平成30年1月4日~平成30年10月31日
主な時代
縄文時代、中世

【平成30年7月更新しました】

芦苅場・向原A遺跡は、飯能市の北東、圏央道狭山日高インターから北西約800mに位置しています。遺跡は武蔵野台地の北側、南小畔川の右岸に立地しています。縄文時代中期(約5,000年前)の環状集落や中世の遺構が見つかっています。


ジョレンという道具で地面を削って住居跡などの遺構を見つけています。

縄文時代中期の住居跡を手で掘り下げています。


縄文時代中期の住居跡からは、完形に近い土器がつぶれた状態で見つかっています。

【以下、平成30年7月更新】 ————————————————————————————————————


掘り終えた縄文時代中期の住居跡です。中央には石で囲った炉跡があります。周溝が三重に巡り、柱の穴も重なっています。複数回建て替えられたと考えられます。


縄文時代中期の集石土壙(しゅうせきどこう)です。写真は半分掘った状態で、石が詰まっている様子がわかります。穴の底からは炭が検出されました。屋外で調理を行った跡(あと)と考えられています。


調査区を上空から撮影した全景写真です。北側(写真上方)には、南小畔川(みなみこあぜかわ)が東流しています。