現在の位置 : Home > ただいま発掘中! > 伊勢塚遺跡(第3次) (深谷市)

伊勢塚遺跡(第3次) (深谷市)

読み方
いせづかいせき
場所
深谷市後榛沢字北東501-3他
調査期間
平成28年4月1日~平成28年6月30日
主な時代
古墳時代、平安時代、中・近世

 【平成28年7月更新しました】

伊勢塚遺跡は、JR高崎線岡部駅の西方約3kmに位置します。調査は平成28年3月から始まり、今年度に継続しています。
調査区からは古墳時代の方形周溝墓、平安時代の土壙、中・近世の溝跡などが発見されています。現在は、方形周溝墓の調査を進めています。周溝の中からは壺や甕などが出土しています。

H28-5iseduka1
方形周溝墓の周溝部分を、丁寧に掘り進めています。

H28-5iseduka2
周溝の中から出土した口の欠けた壺です。死者に供えられたものでしょうか。

6月4日に遺跡見学会を開催しました

 

【以下、平成28年7月更新】 ————————————————————————————————————

調査は6月で終了しました。古墳時代前期の方形周溝墓5基のほか、古墳時代・平安時代の土壙、近世の溝跡などが発見されました。

H28-7iseduka1
第2号方形周溝墓は、四角く巡る周溝の長さが一辺約12mあります。周溝からは壺や甕などたくさんの土器が出土しました。

H28-7iseduka2
第2号方形周溝墓から出土した小形の甕です。

H28-7iseduka3
第3号方形周溝墓は最も規模が小さく、一辺の長さが約7mです。

H28-7iseduka4
第3号方形周溝墓の溝からは壺などが出土しました。

H28-7iseduka5
調査区の全景です。