現在の位置 : トップページ > ただいま発掘中! > 栗橋宿跡第8地点(第1次) (久喜市)

栗橋宿跡第8地点(第1次) (久喜市)

読み方
くりはししゅくあとだいはちちてん
場所
久喜市栗橋中央二丁目3517-4他
調査期間
平成28年4月1日~平成29年3月31日
主な時代
近世

【平成29年2月更新しました】

栗橋宿はJR宇都宮線栗橋駅の東約1㎞に位置しており、かつての日光道中(街道)で江戸から7番目の宿場にあたります。利根川の堤防強化工事に伴い、平成24年度から発掘調査を行っています。第8地点は本年度4月から開始され、現在表土の除去作業中です。
H28-5k_8titen1
発掘調査前。奥に利根川右岸の土手が見え、土手の上には国道4号線が走っています。

H28-5k_8titen2 バックホーという機械で表土を除去しています。

 

【以下、平成28年7月更新】 ————————————————————————————————————

栗橋宿跡第8地点は日光道中(街道)の町並みの裏手にあたります。不要になった生活用品を捨てた穴がたくさん発見されました。

地境の溝や堀跡、建物跡も見つかっているので、今後の調査で宿場の様子がより明らかになると思われます。

H28-7k_8titen1 近世の遺構確認面をジョレンで削り、遺構を探しています。

H28-7k_8titen2 江戸時代の人たちが掘った穴を調査しています。

H28-7k_8titen3 穴の中からは陶器などが大量に見つかりました。

※9月11日(日)に遺跡見学会を開催しました

【以下、平成28年9月更新】 ————————————————————————————————————

引き続き近世の調査を行っています。陶器などが大量に廃棄された土壙が多く発見されています。
他には建物跡や埋桶、木桶なども見つかっています

H28-daihati1
中央部から検出された木桶です。左側の先端には集水用の枡がついていることがわかります。

H28-daihati2
土壙からは文字の書かれた木札が見つかっています。

H28-daihati3
遺構に詰まっている土を観察し、その様子を図面に記録しています。

【以下、平成28年11月更新】 ————————————————————————————————————

H28-daihati4
調査区の全景写真です。町屋の区割りが調査区を横断しています。

H28-daihati5
町屋の区切りです。板材や土留めの木杭がみられます。

H28-daihati6
町屋の区切りです。多くの木杭が見つかっています。

H28-daihati7
方形に掘られた溝は、建物の基礎と考えられます。溝の中には木杭が打ち込まれていました。

【以下、平成29年2月更新】 ————————————————————————————————————

H28-daihati8
重機で第二面の表土掘削を行っています。

H28-daihati9
表土掘削の後は、人手で丁寧に遺構の確認を行います。