現在の位置 : トップページ > ただいま発掘中! > 茂手木遺跡(第2次) (羽生市)

茂手木遺跡(第2次) (羽生市)

読み方
もてぎいせき
場所
羽生市常木字茂手木1191他
調査期間
平成28年4月1日~平成28年7月31日
主な時代
古墳時代・平安時代

【平成28年7月更新しました】

昨年度の調査では、近世の井戸跡と溝跡、平安時代の集落跡が発見されました。今年度は重機で平安時代の遺構確認面をさらに掘り下げ、遺構調査をしています。これまでに畑の畝と考えられる溝跡が多数発見されました。

H28-5motegi1
畑の畝と見られる遺構です。いずれも東西方向に延びています。

H28-5motegi2
畝の調査をしています。出土遺物に注意しながら慎重に掘り下げていきます。

H28-5motegi3
掘り終えた遺構を実測し、遺構の詳細な記録を作成しています。

 

【以下、平成28年7月更新】 ————————————————————————————————————

古墳時代の畑が発見されました。調査は7月で終了します。

H28-7motegi1 地面を平らに削り、遺構の形を確認しています。

H28-7motegi2
全景写真です。畝跡は東西方向(写真左右方向)に掘られています。