現在の位置 : Home > ただいま発掘中!平成27年度 > 伊勢塚遺跡(第2次) (深谷市)

伊勢塚遺跡(第2次) (深谷市)

読み方
いせづかいせき
場所
深谷市後榛沢字北東501-3
調査期間
平成28年3月1日~平成28年6月30日
主な時代
古墳時代、平安時代、近世

【平成28年3月作成しました】

伊勢塚遺跡は、JR高崎線岡部駅の西方約3kmに位置します。昭和50年には上越新幹線の建設に伴う第1次調査が実施され、平安時代の竪穴住居跡などが発見されました。
今回の調査は県道花園本庄線の建設に伴うもので、3月1日から開始しました。現在は、重機を使って表土の掘り下げを行っています。

H28-3iseduka1
発掘調査をはじめる前の状況です。遠くに榛名山が望めます。

H28-3iseduka2
重機を使って表土を掘り下げています。

H28-3iseduka3
黄色く四角い土のまわりに、黒い溝が巡っています。
古墳時代のはじめにつくられた方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)と呼ばれる墓の跡と考えられます。
これから詳しく調査を進めていきます。