現在の位置 : Home > ただいま発掘中!平成25年度 > 中井遺跡 (上尾市)

中井遺跡 (上尾市)

読み方
なかいいせき
場所
上尾市大字領家字中1039番地
調査期間
平成25年5月1日~平成25年6月28日
主な時代
縄文時代

【平成25年7月更新しました。】

 中井遺跡は、国道17号(上尾道路)の建設事業に伴って、平成24年度から発掘調査が行われています。
 中井遺跡では、縄文時代中期(約4,500年前)の大規模な集落跡が発見されました。昨年は68軒の住居跡を調査しています。今年も引き続き、集落跡を中心に調査を行っています。
 写真は住居跡の発掘作業をしている様子です。住居跡の中からは、縄文土器や石器などたくさんの遺物が出土しています。

 調査中の住居跡

 住居跡の覆土中に、さかさまに伏せられた縄文土器

【以下、平成25年7月更新】 ————————————————————————————————————

 82号住居跡

 82号住居跡のピット内の土器