現在の位置 : Home > だたいま発掘中!平成24年度 > 栗橋関所番士屋敷跡 (久喜市)

栗橋関所番士屋敷跡 (久喜市)

読み方
くりはしせきしょばんしやしきあと
場所
久喜市栗橋北2-3394-2他(問い合わせ:0480-53-1199)
調査期間
平成24年4月9日~平成24年9月30日
主な時代
近世

 栗橋関所番士屋敷跡は、栗橋関所に勤務した番士の住まいです。番士屋敷としての存続期間は、関所が置かれた とされる寛永(かんえい)元年(1624年)から明治2年(1869年)に廃止されるまでの約240年間に及びます。
 番士の屋敷は4軒(近年まで子孫の方が暮らしており、屋敷の位置も確認されています)あり、そのうちの3件が今回の発掘調査の対象となりました。 いずれも高い盛り土の上に建物が建てられていましたが、調査では、この盛り土の下からも建物の跡が見つかりました。この地域は 利根川に面しており、何度も洪水の被害を受けました。番士屋敷も洪水のたびに盛り土を高くして建て直し、現在の姿になったと考えられます。

※8月25日(土)に遺跡見学会を開催しました。

栗橋関所番士屋敷跡:足立家石垣と建物跡 旧足立家石垣と建物跡

栗橋関所番士屋敷跡:足立家のカマド 旧足立家のカマド

栗橋関所番士屋敷跡:1号土壙出土状況 1号土壙出土状況

栗橋関所番士屋敷跡:井戸跡(内側がコンクリートで補強してある) 井戸跡(木枠の内側をコンクリートで補強)