現在の位置 : Home > 埼玉県埋蔵文化財調査事業団のご紹介 > 刊行物一覧 > 研究紀要

研究紀要


これらの研究紀要は、当事業団資料室に取りそろえてありますので、ご自由にご覧になれます。(販売はしておりません)

書名 発行年 目次
研究紀要
第1号
1982 縄文中期土器群の再編(谷井 彪・宮崎朝雄・大塚孝司・鈴木秀雄・青木美代子・金子直行・細田 勝) /女影系瓦の一式論(高橋一夫)/国を越える同笵瓦に関する一考察(昼間孝志)/別冊 縄文中期土器群の再編(図版)
研究紀要
第2号
1983 埼玉県における古墳出土遺物の研究 Ⅰ-鉄鏃について-(小久保徹・浜野一重・利根川章彦・山本 禎・高橋義信 ・田中正夫・岩瀬 譲・瀧瀬芳之)/ 関東における後期弥生集落の一様相-複数の炉を持つ住居をめぐって-(井上尚明) /埼玉県出土の鉄滓と鉄塊(高橋秀治・桂  敬・高橋恒夫・井上 雄・佐々木稔・村田朋美・伊藤 薫)
研究紀要
第3号
1986 古墳時代の大刀(小林行雄)/埼玉県大宮台地の先土器文化(水村孝行・田中英司・西井幸雄)/縄文時代中期前葉の住居形態 (石塚和則)/北武蔵における古瓦の基礎的研究Ⅰ(昼間孝志・宮 昌之・藤原高志・木戸春夫・赤熊浩一)
研究紀要
第4号
1988 神子柴文化をめぐる諸問題-先土器・縄文の画期をめぐる問題(1)-(栗島義 明)/縄文時代の土偶装飾をもつ土器について(浜野美代子)/北武蔵における古瓦の基礎的研究Ⅱ(昼間孝志・宮 昌之 ・木戸春夫・赤熊浩一)/関東における中世在地産土器について(浅野晴樹)/ガラス小玉の製作と着色技法について -御伊勢原遺跡出土のガラス小玉を中心として-(立石盛詞・井上 巌)
研究紀要
第5号
1989 井草式土器及び周辺の土器群について(宮崎朝雄・金子直行)/東国における後・終末期古墳の基礎的研究(1)(田中広明・大谷 徹) /終末期古墳出現への動態Ⅰ-変容する在地首長層と造墓の展開-(田中広明)/古代集落遺跡の再検討-郡衙・郷家・一般集落-(井上尚明)
研究紀要
第6号
1989 羽状縄文系土器の文様構成(点描)-1(黒坂禎二)/集落資料集成の一方法-縄文時代中期集落を中心として-(石塚和則) /前方後方噴出土土器の研究(高橋一夫)/関東地方における竈・大形甑・須恵器出現時期の地域差(中村倉司) /北武蔵における古瓦の基礎的研究Ⅲ(昼間孝志・宮 昌之・木戸春夫・高崎光司・赤熊浩一)
研究紀要
第7号
1990 デポの意義-縄文時代草創期の石器交換をめぐる遺跡連鎖-(栗島義明)/立野式土器についての一考察(中島 宏) /東国における後期古墳-凝灰岩を石室構築材とした横穴式石室-(山本  禎)/中田以前の土師器研究-編年研究の原則 と分類方法の返還-(大屋道則)/瓦塔瞥見(高橋光司)/古代~中近世の井戸跡について(1)-埼玉県における形態分類 を中心として-(鈴木孝之)/北武蔵における古瓦の基礎的研究Ⅳ(昼間孝志・宮 昌之・木戸春夫・高崎光司・赤熊浩一)
研究紀要
第8号
1991 方形周溝墓観察の一視点(1)(大屋道則)/溝中土壙小考(福田 聖)/関東地方東部における古墳出現期の様相Ⅰ (古墳出現前夜の様相)(村田健二)/関東地方における埴輪祭式の受容(山本 靖)/埼玉県の拵付大刀(瀧瀬芳之) /「鬼高式土器」の外部-古墳時代後期福島県域土器郡と北部関東土器群の比較検討-(利根川章彦)/古代武蔵の土師器理解 のために-北武蔵の7・8世紀の様相-(赤熊浩一)
研究紀要
第9号
1992 若宮遺跡出土土器群の再検討-静岡県東部における押型文系土器群の出現と展開-(宮崎朝雄・金子直行)/将監塚遺跡 ・古井戸遺跡における羽状縄紋を有する加曽利E式土器-集落と土器研究の一視点-(橋本 勉)/土偶の破損(浜野美代子) /鍛冶谷・新田口遺跡出土土器の分析-前編-(福田 聖)/古墳時代馬小考(山川守男)/出現期模倣坏の検討(1)-岡部町 地神祗遺跡A地点資料による検討-(大屋道則・中村倉司)/掘立柱建物の機能と構造-埼玉・群馬県の集落遺跡の例を中心にして-(昼間孝志) /郡家造営事始め(田中広明)/板碑の廃棄に関する基礎的検討(1)-埼玉県内における井戸跡出土の板碑をめぐって-(宮瀧交二) /小前田2号墳出土の盾形埴輪(瀧瀬芳之)
研究紀要
第10号
1993 子母口式新段階「木の根A式」土器の再検討-細隆起線文土器の出自と系譜を中心として-(金子直行)/羽状縄文系土器の紋様構成(点描) -2(黒坂禎二)/遮光器系土偶についての考察(浜野美代子)/方形周溝墓出土の木製品(野中 仁・福田 聖)/吉ヶ谷式集落の展開(石坂俊郎) /埼玉県域の出現期古墳における土器祭式の様相(山本 靖)/東国における終末期古墳の基礎的研究(2)(田中広明・大谷 徹)/腰帯の一考察 (田中広明)/北武蔵の古代通路について(井上尚明)
研究紀要
第11号
1994 方形周溝墓と土器Ⅰ(福田 聖)/埼玉県におけるカマド導入期の様相-カマド、大形甑、坏の形態を中心として-(末木啓介)/関東地方の 施釉陶器の流通と古代の社会(田中広明)/末野窯跡群産須恵器の胎土と生産-流通に関する基礎事項-(岩田明広)/瓦当笵の移動と改笵とその 背景-武蔵・上野に分布する交叉鋸歯文縁軒丸瓦の返還から-(酒井清治)/埼玉県における古墳関連碑文(大谷 徹)/新羅・伽耶における横穴式 石室の展開-慶州・陝川を中心にして-(岡本健一)
研究紀要
第12号
1995 方形周溝墓と溝-方形周溝墓に伴う溝について-(福田 聖)/古墳時代集落祭祀の一考察(平岩俊哉)/埼玉県内出土象嵌遺物の研究-埼玉県の 象嵌装太刀-(瀧瀬芳之・野中 仁)/北武蔵の古墳時代馬飼養地域(山川守男)/中世地鎮の一様相-大里郡寄居町末野遺跡例を中心として-(鈴木孝之)
研究紀要
第13号
1997 川越市鶴ヶ丘遺跡C区の石器群(田中英司)/水窪遺跡の研究-加曽利E式土器の編年と曾利式の関係からみた地域性-(谷井 彪・細田 勝) /埼玉県内における柄鏡形住居跡の地域的様相(1)(鈴木秀雄)/手焙形土器の研究(2)-伊勢湾・近江・北陸編-(高橋一夫)/馬鐸と 馬鐸装馬形埴輪(中村倉司)/関東地方出土の古代権衝資料(福田 聖)
研究紀要
第14号
1998 菱形文の成立と変形、そしてその諸相(谷井 彪)/木曽良遺跡の研究(1)-弥生時代の環濠集落を中心に-(村田健二・劔持和夫・書上元博 ・石坂俊郎・福田 聖・佐藤康二)/集落出土のヘラ記号からみる須恵器の生産と流通-武蔵国の場合-(末木啓介)/国司館の基礎的研究(田中広明)
研究紀要
第15号
1999 東釧路式系土器へのモノローグ(谷井 彪)/埼玉県における低地の周溝墓と建物跡(2)─周溝墓とは何かを探るための試み─(福田 聖)/ 弥生・古墳時代と神仙(道教)思想(中村倉司)/北陸系装飾器台の系譜についての小論─いわゆる「特殊な器台」について─(利根川章彦)/武蔵寺谷廃寺の研究(昼間孝志・木戸春夫・赤熊浩一)
研究紀要
第16号
2001 手焙形土器─その宗教性と政治性─(高橋一夫)/埼玉県坂戸市中耕第21号方形周溝墓の墳丘 復元試論(杉崎茂樹)/古代神社遺構の再検討(井上尚明)/信仰資料としての紡錘車(鈴木孝之・若松良一)/須恵器のロクロ技術を考える(岩田明広)/関東地方の施釉当期の流通と古代の 社会(2)(田中広明)/末野窯成立期の系譜と陶邑窯(坂野和信)/収蔵資料の学校における活用(石井信明・川島 健・野中 仁)
研究紀要
第17号
2002 砂川期の基礎的研究(1)─大宮台地、武蔵野台地、相模野台地を中心として─(西井幸雄)/ 諸磯式土器の変遷過程(細田 勝)/大宮台地における環濠集落の基礎的研究(1)─井沼方遺跡1─(福田 聖)/手焙形土器の形と型─足守川遺跡を 中心に─(高橋一夫)/埴輪の地域性─紀伊の埴輪のありかたから探る─(若松良一)/古代東国の豪族の家(田中広明)
研究紀要
第18号
2003 砂沢式再考(根岸 洋)/埼玉県における低地の周溝墓と建物跡(6)─鳩ヶ谷・戸田・和光市域 の低地遺跡について─(福田 聖)/初期地方寺院における単弁軒丸瓦の成立─「棒状子葉」単弁八葉蓮華紋軒丸瓦の系譜と展開 1─(昼間孝志)
研究紀要
第19号
2004 砂川期の基礎的研究(2)-ナイフ形石器を廻る諸問題(上)-(西井幸雄)/ 押型文系土器群と沈線文系土器群終末期の関係性-絡条体圧痕文土器の分析を通して画期を探る-(金子直行)/加曽利EⅢ式 土器の拡散とフィードバック(前)(橋本 勉)/瓢箪形注口土器の成立と展開(上野真由美)/方形周溝墓と土器-概観 その1- (福田 聖)/埼玉県北部における10世紀以降の土師質土器(永井いずみ)
研究紀要
第20号
2005 土器類の産地推定についての基礎的検討(大屋道則)/方形周溝墓と土器3(福田聖) /東国の古墳時代中期土器と韓半島系土器(坂野和信)/官衙の門、居宅の門(田中広明)/埋蔵文化財データーベースの作成について(大屋・新屋・橋本) /収蔵石製品の鉱物名の同定(1)(清水・大屋)
研究紀要
第21号
2006 黒曜石製石器の産地推定とその様相について(上野真由美・望月明彦)/池上・小敷田遺跡の土壙について(宅間清公) /旧入間川水系下流域の周溝墓と周溝(上)(福田聖)/飯塚古墳群の様相(山本禎)/古墳時代の河川交易(赤熊浩一)/中世渡来銭にみられる所謂星形孔銭の検討(清水慎也) /中世~近世の地鎮について(下)(鈴木孝之)/図書の分類と整理について(新屋雅明・金井義直)/蓮田周辺採集大珠の鉱物分析(大屋道則) /北本市内出土石製品の鉱物分析(磯野治司・斉藤成元・清水・大屋)/埼玉県内河川砂の鉱物組成について(大屋・清水・横山一己) /石器材料及び石器の理化学的分析(1)(大屋・西井幸雄・上野・亀田直美・国武貞克・島立桂・田村隆・望月)
研究紀要
第22号
2007 方形周溝墓と周溝の覆土と出土状況2(福田聖)/古代武蔵国の鉄生産(赤熊浩一)/古代の官衙や集落と陶硯(田中広明) /都幾川下流低地の埋没微地形と遺跡立地(予察)(菊地真)/富士見市内出土石製品の鉱物分析(早坂廣人・大屋道則)/火打石小考(大屋) /石器材料及び石器の理化学的分析(2)(大屋・上野真由美・新屋雅明・村端和樹・笹森健一・国武貞克・松本美佐子・田村隆・加藤秀之)
研究紀要
第23号
2008 埼玉県における周溝墓出土の底部穿孔壺について(篠田泰輔)/比企地域における方形周溝墓の土器配置と群構成(福田 聖) /綴じ合わせ構造をもつ樋部倉矧壁板の意義(山本 靖)/武蔵国形成過程の構造(赤熊浩一)/ふじみ野市内出土石製品の鉱物分析(高崎直成・大屋道則) /真脇遺跡出土の玉髄質泥岩類とその産地(高田秀樹・大安尚寿・砂上正夫・古西里美・大屋) /石器材料及び石器の理化学的分析(3)(大屋・上野真由美・高崎・古西・田村 隆)
研究紀要
第24号
2009 埼玉県文化財収蔵施設保管の石器(西井幸雄)/低地遺跡から見た関東地方における古墳時代の始まり(福田 聖) /製作技法・表現手法からみる東日本出土瓦塔(坂田敏行)/埼玉県白岡町タタラ山遺跡出土石製品の鉱物分析(奥野麦生・大屋道則) /横山産玉髄質泥岩の加熱による色調変化(大屋・高田秀樹・古西里美) /石器材料及び石器の理化学的分析値(4)(大屋・上野真由美・早坂廣人・加藤秀之)/神矢考(劔持和夫)
研究紀要
第25号
2011 事業団の沿革/30年のあゆみ/絡条体圧痕文の付く野島式土器(金子直行) /縄文前期中葉から後葉土器群の系統関係とその意味(細田 勝)/加曽利E式土器の終焉と称名寺式土器の関係(上野真由美)/土偶研究とジェンダー考古学(1)(小野美代子) /荒川流域出土の大廓式土器について(栗岡 潤)/関東地方における古墳時代前期の木器と低地遺跡(福田 聖)/旧埼玉県立博物館収蔵品の鉄刀と刀装具について(瀧瀬芳之) /国界地域の土器流通(赤熊浩一)/地震で沈んだ倉と古代の集落(田中広明)
研究紀要
第26号
2012 埼玉県反町遺跡出土のガラス小玉とガラス小玉鋳型について(上野真由美・田村朋美) /古墳時代前期における関東型一般集落(福田 聖)/弘仁の大地震と地域社会(田中広明)/古墳時代前期の土器が納められた井戸跡について(鈴木孝之)
研究紀要
第27号
2013  土偶研究とジェンダー考古学(2)(小野美代子)/古墳時代における木製品出土状況の解釈(山本 靖)/川越田遺跡の手捏ね土器と祭祀(1)(福田 聖・赤熊浩一・岡本千里・澤口美穂・大屋道則)/模倣坏の製作工程(大屋道則・岡本千里)/埼玉県内横穴式石室の事例集成(青木 弘)
研究紀要
第28号
2014  加曽利B1式の横帯文系紐線文土器について(大屋道則・上野真由美)/西関東における高井東式土器の研究(古谷 渉)/磨製石斧の材料と加熱処理(大屋道則)/埼玉県内の北陸系弥生土器 -池上・小敷田遺跡を中心に-(魚水 環)/大木戸遺跡の方形周溝墓(福田 聖)/水晶製勾玉の製作とその工程(上野真由美・大屋道則)/川越田遺跡の手捏ね土器と祭祀(2)(福田 聖・赤熊浩一・岡本千里・澤口美穂・大屋道則)/古墳時代後・終末期における一墳丘複数埋葬古墳について(1)(青木 弘)/古代瓦葺き寺院の衰退 -国分寺創建後の寺院像を瓦から考える-(昼間 孝志)
研究紀要
第29号
2015 奥東京湾東岸地域における関山・黒浜式期の貝塚(古谷 渉)/磨製石斧の材料と加熱処理(2)(大屋道則)/川越田遺跡の手捏ね土器と祭祀(3)(福田 聖・赤熊浩一・岡本千里・澤口美穂・大屋道則)/埼玉県の埴輪棺墓(宮村誠二)/埼玉県における横穴式石室の石材加工について(青木 弘)/埼玉県における古代火葬墓-武蔵型甕を蔵骨器とする火葬墓を中心に-(西田真由子)/常陸国南部における古代寺院の展開-国分寺瓦の分布から見た寺院の在り方-(昼間孝志・宮原正樹)/武蔵型板碑における種子規模の変遷について(砂生智江)/「毛塚の石仏」と初発期陽刻図像板碑(村山 卓)
研究紀要
第30号
2016 「ナイフ形石器文化終末期」集団の地域的行動-関東・中部地方の事例研究-(尾田識好)/殻長・殻高組成からみた関山・黒浜式期の貝塚(古谷 渉)/大宮台地における諸磯式土器と浮島式土器の影響関係(中川莉沙)/縄文時代中期の環状集落と小規模集落の関係性について(松浦 誠)/ヒスイ輝石岩製の磨製石斧(上野真由美・柴田 徹・西井幸雄・麻生敏隆・坂下貴則・小茂田幹・大屋道則)/埼玉県内の緑色凝灰岩と管玉(山田琴子・上野真由美・赤熊浩一・小林まさ代・大屋道則)/関東地方における周溝持建物の系譜(福田 聖)/埼玉県における横穴式石室の分類と編年-無袖石室と片袖石室を対象に-(青木 弘)/北武蔵児玉地域における内斜口縁坏の編年的位置づけ(山本良太)/盾持人埴輪頭部の分類と変遷について(長谷川啓子)/鉄鏃からみた「征矢」と「野矢」についての予察-埼玉県内における古代遺跡からの出土事例を中心に-(渡邊理伊知)/古代寺院における食堂院の構造-平城京遷都後の宮寺を中心に-(香川将慶)
研究紀要
第31号
2017

埼玉県内における後期旧石器時代前半期初頭の様相(西井幸雄)/縄文早期末葉の刻み隆帯文羽状縄文土器の成立について-埼玉県日高市天神峰遺跡出土土器の分析から-(金子直行)/大宮台地における磨製石器の集成と形態変遷について-加曽利E式期を中心に-(小茂田幹)/「有段口縁」の粗製土器の検討-諏訪木遺跡と古宮遺跡を中心として-/関東地方における周溝持建物の展開(福田聖)/東国の横穴式石室に関する近年の研究について-研究史と三次元測量の利用動向-(青木 弘)/桶川市桶詰6号墳出土の太刀について(滝瀬芳之)/鉄鏃からみた「征矢」「野矢」についての考察(2)(渡邊理伊知)